express

Expressは、Node.jsにおける軽量Webアプリケーションフレームワーク。Express - Node.js Web アプリケーション・フレームワーク ゼロからはじめるExpress + Node.jsを使ったアプリ開発 - Qiitaこれで簡易Webサーバを作ってみる。これまでは、グローバルでイ…

GetWindowRect

GetWindowRectは、ウィンドウの矩形情報(位置情報やサイズ)を取得する。GetWindowRect function | Microsoft DocsWindowProcのWM_MOVE、WM_SIZEで、GetWindowRectで、スタティックなRECT構造体rcWndにウィンドウの矩形情報を格納する。 デスクトップ画面の左…

http

httpは、http関連モジュール。HTTP | Node.js v11.10.1 Documentationhttpモジュールで、簡易的なWebサーバを作成する。requireでhttpモジュール参照を取得したら、http.createServerでサーバソケットを作成。 res.writeHeadで、HTTPステータスコードに200、…

SetBkMode

SetBkModeは、テキストの背景モード(背景色を描画するか、背景は透過にするか)を設定する。SetBkMode function | Microsoft DocsWindowProcのWM_PAINTで、背景は青、テキストは赤で、TextOutで(50, 50)の位置に描画した後、SetBkModeでTRANSPARENT(透過)にし…

fs.open

fs.openで、ファイルを開く。File System | Node.js v11.10.1 Documentationfs.openは非同期処理になっていて、開いた結果に対する処理はコールバックやラムダ式で書く。 前回は、開くことに成功したが、失敗した場合はどうなるか。errがtrueなら、"fs.open …

SetBkColor

SetBkColorは、TextOutなどでテキストを描画するときの背景となる部分の色を設定する。SetBkColor function | Microsoft DocsWindowProcのWM_PAINTで、背景色は青をセットする。 テキストの描画色はこれまで通り赤をセット。背景は青このように背景は青にな…

fs

fsは、ファイルシステム関連モジュール。File System | Node.js v11.10.1 Documentationfsモジュールでファイル'test.txt'を開く。fs.openで'test.txt'を読み込み専用の'r'で開く。 非同期処理になっていて、結果の処理はラムダ式に書く。 エラーが発生した…

toupper

toupperは、指定された文字がアルファベットの小文字の時、大文字に変換する。Man page of TOUPPER C言語関数辞典 - toupper入力された文字列に小文字があったらすべて大文字に変換してみる。textのi番目、text[i]をtoupperに渡して、戻り値をtext[i]に代入…

Console.log

logメソッドで、標準出力、または、ファイルにログを出力する。Console | Node.js v11.10.1 Documentationlogメソッドの特徴としては、出力書式を指定できることと、複数の変数の内容を並べて出力できることであり、それらを同時に行うこともできる。普通に…

OneLang32/OneLang32Console(0, 0, 0, 5/Nishi-Funabashi #5) -スペースもトークンすることにした.

当初は、スペースは読み飛ばすことも考えていたが、ダブルクォートなどの中のスペースは消失させてはいけないし、今後の機能の充実を考えると、スペースをトークンとすることが必要になったので、そのように修正した。LexicalAnalyzer.cppで、スペースの時は…

RGB

色の指定に、RGBマクロを使うと、どの色かわかりやすい。RGB macro | Microsoft DocsWindowProcのWM_PAINTで、RGBマクロは、R, G, B, の順に指定する。Rが0xffなのでこれも赤。赤赤になっている。Sample/winapi/RGB/RGB/src/RGB at master · bg1bgst333/Samp…

Console(consoleモジュールのConsoleコンストラクタ)

前回、consoleは"Consoleクラスのグローバルインスタンス"と言っていたけど、いろいろ調べていくと、consoleは"consoleモジュールのグローバルインスタンス"のほうが正しいのかなあっておもった・・・。前回は、"consoleモジュールのグローバルインスタンス"…

プロパティ

プロパティは、オブジェクトが持つさまざまな値のこと。他のオブジェクト指向言語でいう、メンバ変数、データメンバ、フィールドなどのこと。JavaScript の基本文法例えば、ブラウザ本体を表すNavigatorオブジェクトのappNameプロパティを表示するには、こう…

SetTextColor

SetTextColorは、TextOutなどでテキストを描画するときの文字色を設定する。SetTextColor function | Microsoft DocsWindowProcのWM_PAINTで、TextOutの前に、SetTextColorで、16進数で色を指定した。 第1引数はhDCで、本来、第2引数にはCOLORREFで色を指定…

basic_ostream::flush

C++

flushは、バッファをフラッシュする。basic_ostream::flush - cpprefjp C++日本語リファレンスC言語のfflushのトピックのC++版である。 C言語では、'\n'など改行があるとフラッシュされるので、'\n'を出力せずにsleepさせた。 C++でも、std::endlなど改行が…

basic_ostream::write

C++

writeは文字列(またはバイト列)を出力する。basic_ostream::write - cpprefjp C++日本語リファレンスstringオブジェクトのstrに"ABCDE"をセットし、writeの第1引数にはstr.c_str()でC言語形式で文字列を、第2引数にはstr.size()でサイズを渡す。 $ vi basic_…

basic_string::c_str

C++

C++のstring(basic_string)も時には、C言語の関数に渡したり、文字配列として扱う場合が度々あるだろう。 しかし、相手はC言語の仕様で作られている要素のため、そのまま渡すことはできない。basic_string::c_str - cpprefjp C++日本語リファレンスc_strは、…

basic_string::size

C++

stringの正体は、basic_string - cpprefjp C++日本語リファレンスbasic_string&ltchar>であり、さまざまなメンバが定義されている。 sizeは、basic_string::size - cpprefjp C++日本語リファレンス文字列の長さを取得するメンバ関数。str1は後から"ABC"を代…

fflush

fflushは、バッファのフラッシュを行う。Man page of FFLUSH C言語関数辞典 - fflush入出力バッファの内容をいったん出力して、バッファを空にすることをフラッシュという。 前回の例で、setbufでNULLをセットしてバッファリングしないようにしたが、バッフ…

setbuf

setbufは、入出力バッファを設定するのに使う。Man page of SETBUF C言語関数辞典 - setbufprintf、scanf、fprintf、fscanf、などの標準入出力、ファイル入出力関数は、そのまま入出力してるわけではなく、バッファにいったん貯めてから、出力する。 (これを…

stdout

stdoutは標準出力ストリームを表すマクロで、実態は標準出力を指すファイルポインタ。Man page of STDINfgetsで標準入力のstdinを使ったように、fputsで標準出力のstdoutを使ってみる。fputsの第2引数にstdoutを指定する。 fputsは改行しないので、'\n'を入…

isxdigit

isxdigitは、指定された文字が16進数で使われるa-f, A-F, 0-9であるかどうかを判定する。Man page of ISALPHA C言語関数辞典 - isxdigit入力された文字列が16進数の可能性があるかどうかをチェックしてみる。明らかに16進数でない場合は、"Not Hexadecimal."…

isupper

isupperは、指定された文字がアルファベットの大文字かどうかを判定する。Man page of ISALPHA C言語関数辞典 - isupperここまでくると、ただ大文字かどうかを判定するのではつまらない。 パスワードに適した文字列かどうかを判定してみる。アルファベットで…

islower

islowerは、指定された文字がアルファベットの小文字かどうかを判定する。Man page of ISALPHA C言語関数辞典 - islower小文字が含まれているか判定する。islowerの前に、一応isalphaもかけているが、これはいらないかも。 $ ./islower ABCDE Not a lower al…

isalnum

isalnumは、指定された文字がアルファベットまたは数字かどうかを判定する。Man page of ISALPHA C言語関数辞典 - isalnumアルファベットでもない数字でもない記号などの文字が含まれているかをチェックする。isalnumが偽であれば、記号などの文字が含まれて…

isdigit

isdigitは、指定された文字が数字かどうかを判定する。Man page of ISALPHA C言語関数辞典 - isdigit入力された文字列の中に数字が入っているかどうかをチェックするプログラムをつくる。 (パスワードチェックなどの基本となるような処理を作ってみる。)fget…

puts

putsは指定された文字列に改行を付加して標準出力に出力する。Man page of PUTS C言語関数辞典 - puts (putsの引数がchar *になっているのは間違いで、正しくはconst char *のはず。)改行が付加されるところに注意。文字列リテラルと文字配列、両方試してみ…

stdin

stdinは標準入力ストリームを表すマクロで、実態は標準入力を指すファイルポインタ。Man page of STDINこれを使って、fgetsの処理を標準入力で行う。getsの代わりになる。fgetsの第3引数にstdinを指定し、標準入力から文字列を読み込む。 最後に改行が入って…

gets

getsは入力された文字列を指定された配列などに格納する。Man page of GETS C言語関数辞典 - getsスペースで区切られることがないので、scanfより最後まで文字列を取得したい場合に使う。 ただし、セキュリティ上の問題から、この関数は非推奨になっている。…

body#text

body内のテキストの色を変えるには、bodyタグのtext属性に色を指定する。<body> - 本文 基本的な説明 �@16進数で#ff0000、つまり赤を指定。テキストを赤に赤になった。 (しかし、現在は非推奨であり、cssで変更すべきである。)Sample/html/body/text/src/body at m</body>…