読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CListCtrl

CListCtrlは、リストコントロールを扱うクラス・・・。

CListCtrl クラス

Win32でいうリストビュー(WC_LISTVIEW)のことだが、MFCにはCListViewというCListCtrlの機能を含む別のクラスがあるので、ここではリストコントロールと呼ぶ・・・。

f:id:BG1:20160412011917p:plain

を選択し、

f:id:BG1:20160412011955p:plain

このように配置・・・。
カラフルな項目が表示されてるが、あくまでもイメージサンプルであり、実際には項目を一つもセットしてないので、実行してもこれらの項目は表示されない・・・。

f:id:BG1:20160412012230p:plain

表示形式を表すViewプロパティがIconになっているが、

f:id:BG1:20160412012544p:plain

今回はレポートにする・・・。

f:id:BG1:20160412012651p:plain

するとこのような表形式になる・・・。

CListCtrlDlg.cppのOnInitDialogで、まずカラムヘッダを3つ挿入する・・・。

1つ目のカラムlvCol1に値をセットして、pListCtrl1->InsertColumnで0番目に挿入・・・。
(この辺はWindowsAPIのWC_LISTVIEWの項目を参照のこと・・・。)

2つ目、3つ目も同様に挿入・・・。

次は3つのアイテム(項目)を挿入する・・・。
まず、1つ目・・・。

lvItem1_1は0行0列に挿入するアイテム・・・。
0列目はpListCtrl1->InsertItemで挿入する・・・。
lvItem1_2は0行1列に挿入というかセットするアイテム・・・。
1列目以降は、pListCtrl1->SetItemでセットする・・・。
lvItem1_3も同様に0行2列にセットするアイテム・・・。
これもpListCtrl1->SetItemでセットする・・・。
つまり、最初に0列目を持つ行を挿入した後、1列目以降をセットするような感じ・・・。

同様に2つ目、3つ目のアイテムも挿入・・・。

f:id:BG1:20160412015305p:plain

実行すると、ヘッダに"Name", "Age", "Address"がセットされていて、3行3列でアイテムも挿入されている・・・。

Sample/CListCtrl.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrl.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrlDlg.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrlDlg.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/resource.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrl.rc at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/stdafx.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/stdafx.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub