読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CDialog

CDialogはダイアログを扱うクラス・・・。

CDialog クラス

これを使って、ダイアログを表示する・・・。

メニュー項目Item1-1がクリックされた時、CDialogで作ったダイアログを表示してみる・・・。

resource.hに、

とリソースID"IDD_DIALOG"の番号を割り振り、

CDialog.rcでは、

このようなダイアログ"IDD_DIALOG"を定義・・・。

CFrameWnd_.cppのOnItem1_1で、

CDialogのオブジェクトdlgをローカルオブジェクトとして宣言・・・。
コンストラクタにはリソースID"IDD_DIALOG"を指定する・・・。

DoModalメンバ関数を呼ぶだけで、モーダルダイアログとして表示される・・・。

f:id:BG1:20150614185900p:plain

Item1-1を選択すると、

f:id:BG1:20150614185936p:plain

ダイアログが表示された・・・。

Sample/CWinApp_.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CWinApp_.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CFrameWnd_.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CFrameWnd_.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/resource.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CDialog.rc at master · bg1bgst333/Sample · GitHub