WideCharToMultiByte

WideCharToMultiByteは、Unicode(UTF-16)などのワイド文字列から、ShiftJISなどのマルチバイト文字列に変換する。

WideCharToMultiByte function (stringapiset.h) - Win32 apps | Microsoft Docs

WideCharToMultiByte.cppで、

Saveが選択された時、ID_EDIT1から文字列を取得し、WideCharToMultiByteで、マルチバイト文字列に変換して、"test.txt"に書き込む。

"test.txt"はない
"test.txt"はない

"test.txt"はない状態。

起動時この状態
起動時この状態

起動時この状態。

日本語で入力して
日本語で入力して

日本語で入力して、

Saveを選択
Saveを選択

Saveを選択。

"test.txt"が出来てる
"test.txt"が出来てる

"test.txt"が出来てる。

TeraPadで見るとShiftJISのCRLFで保存
TeraPadで見るとShiftJISのCRLFで保存

TeraPadで見るとShiftJISのCRLFで保存されてる。

Sample/winapi/WideCharToMultiByte/WideCharToMultiByte/src/WideCharToMultiByte at master · bg1bgst333/Sample · GitHub