ASP.NET

HttpCookieCollection

HttpCookieCollectionは、複数のクッキーを持つコレクション。HttpCookieCollection クラス (System.Web) | Microsoft Docs通常のアクセスでクッキーをいくつ持ってるか確認してみる。 HttpCookieCollection_.aspxで、Countで個数を取得。 (CountはNameObjec…

HttpResponse.Cookies

HttpResponse.Cookiesで、レスポンスのクッキーを取得。HttpResponse.Cookies プロパティ (System.Web) | Microsoft Docs 今回、認証いらないので、web.configをリネームで無効に今回、認証いらないので、web.configをリネームで無効に。取得したクッキーの…

FormsAuthentication.RedirectToLoginPage

web.configのloginUrlにログインページ(authdir2/login.aspx)を指定してるので、FormsAuthentication.SignOut後に、FormsAuthentication.RedirectToLoginPageを呼べば、そのログインページにリダイレクトしてくれる。FormsAuthentication.RedirectToLoginPag…

FormsAuthentication.SignOut

FormsAuthentication.SignOutで、認証クッキーを削除して、サインアウト状態にする。FormsAuthentication.SignOut メソッド (System.Web.Security) | Microsoft Docs 第19回 フォーム認証を実装したASP.NETアプリケーション:連載 プログラミングASP.NET ―AS…

FormsAuthentication.RedirectFromLoginPage

FormsAuthentication.Authenticateで認証に成功したときは、FormsAuthentication.RedirectFromLoginPageで認証済みの時のみ閲覧可能なページへリダイレクトする。FormsAuthentication.RedirectFromLoginPage メソッド (System.Web.Security) | Microsoft Doc…

FormsAuthentication.Authenticate

フォーム認証に入っていく。第19回 フォーム認証を実装したASP.NETアプリケーション:連載 プログラミングASP.NET ―ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座― (1/2 ページ) - @IT authdir2フォルダを作成authdir2フォルダを作成。 中身はlogin.aspx…

CheckBox.Checked

CheckBox.Checkedで、チェックが付いているかを確認できる。CheckBox.Checked プロパティ (System.Web.UI.WebControls) | Microsoft DocsCheckBox_.aspxで、button1を押して、checkBox1.Checkedの値を見て、チェック状態を確認する。 これで押すとこれで押す…

CheckBox.Text

CheckBox.Textで、チェックボックスの横にテキストを添える。CheckBox.Text プロパティ (System.Web.UI.WebControls) | Microsoft DocsCheckBox_.aspxで、とすると、 チェックボックスの横にテキストが表示されるチェックボックスの横にテキストが表示される…

CheckBox

CheckBoxで、チェックボックスを表示する。CheckBox クラス (System.Web.UI.WebControls) | Microsoft DocsCheckBox_.aspxで、とすると、 チェックボックスだけが現れるチェックボックスだけが現れる。 押せば、 こうなるこうなる。 さらに押したら、 元に戻…

TextBoxMode.Password

TextBoxMode.Passwordは、パスワード入力モードのこと。TextBoxMode 列挙型 (System.Web.UI.WebControls) | Microsoft Docsコードビハインドで指定してみる。 TextBoxMode_.aspxで、こうしても、 同じ同じ。Sample/aspnet/TextBoxMode/Password/src/TextBoxM…

TextBox.TextMode

TextBoxは、単一行モードだったり、複数行モードだったり、パスワードモードだったり、いろんなモードがある。 TextBox.TextModeで指定する。TextBox.TextMode プロパティ (System.Web.UI.WebControls) | Microsoft DocsTextBox_.aspxで、こうすると、 パス…

WindowsIdentity.GetCurrent

WindowsIdentity.GetCurrentは、現在のユーザのWindowsIdentityを返すが、これはログインしたユーザとかではなく、このASP.NETページを動かしているワーカープロセスを実行しているユーザのことである。WindowsIdentity.GetCurrent メソッド (System.Securit…

IIdentity

Page.User.Identityの型は、IIdentityインターフェースと定義されてるので、IIdentityオブジェクトに渡す場合はキャスト不要。IIdentity インターフェイス (System.Security.Principal) | Microsoft DocsIIdentity_.aspxで、こう書いてみる。 Nameプロパティ…

IPrincipal

Page.Userの型は、IPrincipalインターフェースと定義されてるので、IPrincipalオブジェクトに渡す場合はキャスト不要。IPrincipal インターフェイス (System.Security.Principal) | Microsoft DocsIPrincipal_.aspxで、こう書く。 IsInRoleメソッドは、そも…

namespace

@Importディレクティブのnamespace属性にインポートする名前空間を指定する。@ Import | Microsoft Docs 第18回 Windows認証を実装したWebアプリケーション:連載 プログラミングASP.NET ―ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座― (1/3 ページ) - …

@Import

".aspx"ファイルなどで、クラス名などを書いた時、「名前空間名'Xxx'が見つかりませんでした。」と出る場合があり、その時は名前空間のインポートが必要。 @Importディレクティブで行う。@ Import | Microsoft Docs 第18回 Windows認証を実装したWebアプリケ…

HttpServerUtility.MapPath

HttpServerUtility.MapPathは、指定された仮想パスに対する物理パスを返す。HttpServerUtility.MapPath(String) メソッド (System.Web) | Microsoft DocsHttpServerUtility_.aspxで、"."を指定すると、 authdirまでのパスが出る。authdirまでのパスが出る。S…

WindowsIdentity.Name

WindowsIdentity.Nameで、ユーザ名を取得する。WindowsIdentity.Name プロパティ (System.Security.Principal) | Microsoft DocsWindowsIdentity_.aspxで、これで、Webでもログオンすると、 ドメイン名 + "\" + ユーザ名で出る。ドメイン名 + "\" + ユーザ名…

WindowsIdentity

WindowsIdentityにID情報がある。WindowsIdentity クラス (System.Security.Principal) | Microsoft DocsWindowsIdentity_.aspxで、AuthenticationTypeってのを出してみる。 デフォルトはNegotiateらしいデフォルトはNegotiateらしい。Sample/aspnet/Windows…

WindowsPrincipal.Identity

WindowsPrincipal.Identityで、ID情報を取得する。WindowsPrincipal.Identity プロパティ (System.Security.Principal) | Microsoft DocsWindowsPrincipal_.aspxで、とすると、 こうなる。こうなる。 WindowsIdentityクラスオブジェクトか。Sample/aspnet/Wi…

WindowsPrincipal.IsInRole

WindowsPrincipal.IsInRoleで、プリンシパルが指定のWindowsユーザーグループに属しているか確認する。WindowsPrincipal.IsInRole メソッド (System.Security.Principal) | Microsoft Docs現在のグループは、 こうなっているのだが、こうなっているのだが、 …

WindowsPrincipal

WindowsPrincipalは、Windowsユーザとしての情報を持っている。WindowsPrincipal クラス (System.Security.Principal) | Microsoft Docs 第18回 Windows認証を実装したWebアプリケーション:連載 プログラミングASP.NET ―ASP.NETによるWebアプリケーション実…

Page.User

Page.Userは、アクセスしているユーザ情報を取得する。Page.User プロパティ (System.Web.UI) | Microsoft Docs 第18回 Windows認証を実装したWebアプリケーション:連載 プログラミングASP.NET ―ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座― (1/3 ペー…

HttpContext.Handler

HttpServerUtility.Transferでのページ遷移で、HttpContext.Handlerを使うと、遷移前のページのオブジェクトにアクセスできる。HttpContext.Handler プロパティ (System.Web) | Microsoft Docs 第16回 ASP.NETにおけるページの遷移:連載 プログラミングASP.…

HttpContext

HttpContextは、様々なHTTPに関する情報を持っている。HttpContext クラス (System.Web) | Microsoft DocsDefault.aspxで、こうすれば、 サーバのユーザー名も出せる。サーバのユーザー名も出せる。 (ドメイン名 + "\" + ユーザ名、になっている模様。)Sampl…

Page.Context

Page.Contextは、ページに関連付けられているコンテキスト(HTTPコンテキスト)を取得する。Page.Context プロパティ (System.Web.UI) | Microsoft DocsDefault.aspxで、こうすると、 実体はHttpContext実体はHttpContext。Sample/aspnet/Page/Context/src/Pag…

HttpServerUtility.Transfer

HttpServerUtility.Transferもページ遷移をするメソッド。HttpServerUtility.Transfer メソッド (System.Web) | Microsoft Docs 第16回 ASP.NETにおけるページの遷移:連載 プログラミングASP.NET ―ASP.NETによるWebアプリケーション実践開発講座― (1/4 ペ…

HttpServerUtility

サーバに関する様々なプロパティや、ヘルパーメソッドを持ってるのが、HttpServerUtilityである。HttpServerUtility クラス (System.Web) | Microsoft DocsDefault.aspxで、MachineNameプロパティで、マシン名を出してみる。 出た。出た。Sample/aspnet/Http…

Page.Server

サーバに関する情報はPage.Serverが持っている。Page.Server プロパティ (System.Web.UI) | Microsoft DocsDefault.aspxで、こうすると、 Serverプロパティの実体はHttpServerUtilityインスタンスServerプロパティの実体はHttpServerUtilityインスタンス。Sa…

HttpResponse.Status

HttpResponse.Statusでクライアントに返すHTTPレスポンスステータスの設定や取得ができる。HttpResponse.Status プロパティ (System.Web) | Microsoft Docs前回のリダイレクト前後でステータスがどうなってるか見てみる。 Default.aspx.csで、Response.Redir…