読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ObjeqtNote #24 選択したファイルの拡張子を取得する

久しぶりのObjeqtNoteの修正。
スタティックなGetOpenFileNameを実装して、選択したファイルの拡張子を取得する。

BinaryFile.hで、

シェルAPIを使うので、shlwapi.hを追加する。

f:id:BG1:20170414121500p:plain

リンクにも追加する。

staticなpublicメンバGetOpenFileNameを追加で定義。

BinaryFile.cppは、

GetOpenFileNameをこんな感じで実装。

MainMenuBar.cppでは、

TextFile.hのインクルードをBinaryFile.hのインクルードにして、CBinaryFile::GetOpenFileNameで拡張子を取るようにする。
txtなら"テキストファイル"、bmpなら"ビットマップファイル"と表示する。

とりあえず、OnFileSaveAsの中の処理はいったん白紙に戻しておく。

MainWindow.cppは、

ユーザコントロールやエディットボックスの処理は削除。

f:id:BG1:20170414123053p:plain

ウィンドウが表示されたら、

f:id:BG1:20170414123141p:plain

"開く"から、

f:id:BG1:20170414123209p:plain

test1.txtを選択する。

f:id:BG1:20170414123300p:plain

txtなので"テキストファイル"と表示される。

・選択したファイルの拡張子を取得する · bg1bgst333/ObjeqtNote@f3b9a53 · GitHub
fixed comment · bg1bgst333/ObjeqtNote@7ec5216 · GitHub