読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ObjeqtNote #9 ユーザコントロールの定義

Application

いずれかのウィンドウを親に持ち、独自のウィンドウクラスから作られた子ウィンドウを、ここでは独自に"ユーザコントロール"とする・・・。(一般的なユーザコントロールと意味は違うかもしれないけど・・・。)

f:id:BG1:20170124220107p:plain

UserControl.hで、

CWindow派生のCUserControlは、RegisterClassにもCreateにも、ウィンドウクラス名を指定する部分がある・・・。

CWindow::RegisterClassで独自のウィンドウクラスを登録し、CWindow::Createで独自のウィンドウクラスのウィンドウを作るので、ウィンドウクラス名を指定できるようになっていないといけない・・・。
また、dwStyleに加えて、WS_CHILD、WS_VISIBLEを付けている・・・。

StandardWindow.hに、

CUserControlのポインタm_pUserControl、それとコンストラクタに加えてデストラクタも用意・・・。

コンストラクタにメンバの初期化処理、デストラクタにメンバの終了(解放)処理を追加・・・。

OnCreateで、CUserControlオブジェクトの作成とCreate・・・。

f:id:BG1:20170124222026p:plain

WS_BORDERつけてるので、この矩形がユーザコントロール・・・。

・ユーザコントロールの定義 · bg1bgst333/ObjeqtNote@9cee45b · GitHub