読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

set

C++ Sample

setは、C++標準ライブラリのSTL(標準テンプレートライブラリ)のひとつで、集合クラス・・・。

set - C++ Reference

順序付き(ソート済)の集合で、値を要素として挿入すると、既定のソート規則にしたがってソートされる・・・。
参照する場合は、何番目などの指定が添字などでできないので、イテレータを使う・・・。

setをインクルード・・・。

std::setでint型要素のset・・・。
std::set::iteratorイテレータ・・・。

set.insertで値を追加する・・・。
このとき、値の大きさをわざとバラバラにする・・・。

イテレータでsetの要素をすべて参照し、出力・・・。

$ vi set.cpp
$ g++ set.cpp -o set
$ ./set
*itor = 10
*itor = 20
*itor = 30
*itor = 40
*itor = 50
$

出力すると、値が綺麗にソートされていることがわかる・・・。

Sample/cpp/set/set/src/set at master · bg1bgst333/Sample · GitHub