読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CListCtrl::InsertItem

MFC

CListCtrl::InsertItemは、リストコントロールにアイテムを挿入するメンバ関数・・・。

CListCtrl::InsertItem

CListCtrlの項ではLVITEMをセットする形だったが、直接アイテムテキストをセットするオーバーロード関数のほうが簡単なのでそちらを使う・・・。
また、これは行を挿入し0列目をセットする時のみ使う・・・。
1列目以降はCListCtrl::SetItemを使う・・・。

f:id:BG1:20160412124436p:plain

このように、リストボックスを左寄りに配置し、右上にエディットボックス、右下にボタンを配置・・・。

Button1が押されたら、

pEdit1->GetLineでエディットボックスに入力されたテキストを取得・・・。
pListCtrl1->InsertItemでそのテキストを0行目に挿入・・・。
InsertItemに列インデックスを指定する場所がないのは、0列目と決まっているからである・・・。

f:id:BG1:20160412124859p:plain

エディットボックスに"Saburo"と入力・・・。
常に0行目から挿入していくので、"Saburo"から・・・。
Button1を押すと、

f:id:BG1:20160412130100p:plain

0行目に"Saburo"が挿入された・・・。

f:id:BG1:20160412130132p:plain

"Jiro"と入力し、Button1を押すと、

f:id:BG1:20160412130156p:plain

0行目に"Jiro"が挿入された・・・。

f:id:BG1:20160412130547p:plain

"Taro"と入力し、Button1を押すと、

f:id:BG1:20160412130233p:plain

0行目に"Taro"が挿入された・・・。

Sample/CListCtrl.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrl.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrlDlg.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrlDlg.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/resource.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListCtrl.rc at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/stdafx.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/stdafx.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub