読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CListBox::GetCurSel

MFC Sample

CListBox::GetCurSelは、リストボックスの選択されている項目のインデックスを取得するメンバ関数・・・。

CListBox::GetCurSel

項目を追加するボタンButton1に加えて、選択されている項目のインデックスをメッセージボックスで表示するボタンButton2を追加する・・・。

f:id:BG1:20160330154029p:plain

このように配置する・・・。

Button1が押された時の処理は、これまでどおりエディットボックスのテキストをリストボックスに追加していく・・・。

Button2が押された時は、pListBox1->GetCurSelで選択された項目のインデックスが返ってくるので、_stprintfで文字列にしてメッセージボックスで表示・・・。

f:id:BG1:20160330154552p:plain

3つ項目を追加したら、

f:id:BG1:20160330154628p:plain

一番下を選択し、Button2を押すと、

f:id:BG1:20160330154735p:plain

0から数えて2番目・・・。

f:id:BG1:20160330154800p:plain

一番上を選択、Button2を押すと、

f:id:BG1:20160330154819p:plain

0番目・・・。

f:id:BG1:20160330154905p:plain

真ん中を選択、Button2を押すと、

f:id:BG1:20160330154924p:plain

1番目・・・。

Sample/CListBox.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListBox.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListBoxDlg.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListBoxDlg.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/resource.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/CListBox.rc at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/stdafx.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/stdafx.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub