読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BITMAP

ビットマップをリソースに登録することで、実際のビットマップファイルがなくても、実行ファイルに埋め込まれたビットマップファイルをロードして表示などが出来る・・・。

resource.hは、

BITMAP.rcは、

とする・・・。
でbitmap1.bmpをBITMAP.rcと同じ場所に置いておく・・・。
リソースビューを見ると、

f:id:BG1:20160122105648p:plain

こうなっていればリソースとして読み込まれているということ・・・。

ロードはLoadImageで、

最後の引数にLR_LOADFROMFILEを指定しないようにすると、第2引数の"リソースIDがIDB_BITMAP1となるビットマップ"をロードする・・・。

f:id:BG1:20160122105817p:plain

リソースからロードできた・・・。

Sample/BITMAP.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/resource.h at master · bg1bgst333/Sample · GitHub
Sample/BITMAP.rc at master · bg1bgst333/Sample · GitHub