読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WSAAccept

WSAAcceptは、接続を受け付けるWindowsAPI・・・。

WSAAccept function (Windows)

UNIX系OSのacceptと比べると、第4、第5引数が違う・・・。
とりあえずはNULLにしておいても問題ない・・・。

sockaddr_in構造体のsaiClientAddrと長さのiClientAddrLenを用意しておいて、WSAAcceptに渡す・・・。
相手からの接続が来ると、accにアクセプトソケットが格納される・・・。

WSAStartup success!
soc = 124
port = 0fa0, ns_port = a00f
setsockopt(SO_REUSEADDR) success.
bind Success.
listen success.

実行して、アクセスを許可した上で、もう一つコマンドプロンプトを起動し、

Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.  All rights reserved.

C:\Users\B.G>telnet localhost 4000

telnetlocalhostの4000番ポートに接続・・・。
すると、

WSAStartup success!
soc = 124
port = 0fa0, ns_port = a00f
setsockopt(SO_REUSEADDR) success.
bind Success.
listen success.
acc = 128
続行するには何かキーを押してください . . .

accにアクセプトソケットのファイルディスクリプタの値が128だと返ってくる・・・。

Sample/WSAAccept.cpp at master · bg1bgst333/Sample · GitHub