読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strcat

C言語 Sample

strcatは、文字列を別の文字配列の末尾に連結するC標準ライブラリ関数・・・。

Man page of STRCAT

第1引数に連結先の文字配列、第2引数に連結元の文字列を指定する・・・。
後ろから前に連結・・・。
コピー先の文字配列はNULL終端である(NULL文字で終わっていて、文字列として成立している)ことに加え、連結後の文字列がNULL文字を含めて十分に入る大きさでなければいけない・・・。

連結してみよう・・・。

配列の宣言・・・。

str1は長さ256、str2は長さ512・・・。
str2にstr1を連結するので、str2に入ってる文字列の長さが256以下なら、なんとか問題無く連結できる・・・。

今回はstrcpyで、str1に"XYZ"、str2に"ABC"をセット・・・。
まあ、これで大きさの心配はない・・・。

この時点で2つの文字列を一旦出力・・・。

$ ./strcat
str1: XYZ
str2: ABC

実行すると、こうなる・・・。

で連結をする・・・。

再びstr1とstr2を出力・・・。

str1: XYZ
str2: ABCXYZ

str2の"ABC"に、str1の"XYZ"が連結して、str2は"ABCXYZ"になっている・・・。
連結された・・・。

Sample/strcat.c at master · bg1bgst333/Sample · GitHub