読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fopen

ファイルに読み書きをするには、まず"開く"という行為をしなければならない・・・。

fopenは指定されたファイル名のファイルを開くC標準ライブラリ関数・・・。

Man page of FOPEN

ここでは"test.txt"というテキストファイルを開いてみる・・・。

ファイルへの入出力関数もstdio.hに宣言されているので、stdio.hをインクルードするだけで十分・・・。
ただファイルを扱う場合は、FILE構造体のポインタを用意する必要がある・・・。

FILE構造体のポインタをファイルポインタといい、大抵のファイル関連関数で使用する・・・。

fopenで"test.txt"を開く・・・。

1つ目の引数にはファイル名、2つ目の引数には文字列でファイルモードを指定する・・・。
ファイルモードはどういう形式で開くかを表した文字列・・・。
ここでは、テキストファイル読み込み専用の"r"を指定した・・・。
このとき、ファイルが存在しなかったなどで開くのに失敗した場合、fopenの戻り値はNULLを返す・・・。

失敗した場合は、エラーメッセージを出力して、-1をシステムに返して終了する・・・。
成功した場合は、

"File was opened successfully."とfpの指すアドレスを出力する・・・。
"%p"はアドレスを出力するときの書式指定子・・・。

開いたファイルは閉じなければならない・・・。
C標準ライブラリ関数fcloseで閉じる・・・。

fpを指定するだけでいい・・・。

test.txtがないときは、

$ ./fopen
Can't open file!

あるときは、

$ ./fopen
File was opened successfully.(fp == 0x791010)

などと出力される・・・。

Sample/fopen.c at master · bg1bgst333/Sample · GitHub