昨日から一夜明けて・・・。

ebay見たら、TP370QL ASUS Nova Goのオークション、すげー上がってるwww8GBなんて昨日、6万ぐらいだったのに・・・。www.ebay.com4GBは大きく変わらず・・・。www.ebay.comいつ動き出すんだか・・・。

わんくまでWindows 10 on ARMの話をしゃべってきました。

わんくま同盟 東京勉強会 #111でWindows 10 on ARMのセッションをしてきました。www.wankuma.com初めてトップバッターだったんで前回とは違う緊張がありましたが、なんとか話せました。 Windows 10 on ARM やるの?やらないの?どっちなんだい! from bg1 333…

Windows 10 on ARMのARM64バイナリのビルドを試してみた。

今週はいろいろと立て込んで忙しかったのですが、わんくまの準備でARM64ビルドを試してみました・・・。VS2017はあまりインストールしてないので朝4時までかかった・・・。VizCommand32はアプデが必要なので断念して、MFCはWin32新規プロジェクトで、 vcxpro…

さらにレポジトリを追加しました

応用アプリ編 なんでも開けるObjeqtNote github.com なんでも実行できてGUI/CUI連携表示できるVizCommand github.com 標準リストビューとウィンドウリストビューの2種類のUIを予定しているTwRIBE32 github.com 基本ゲーム編 シューティング github.com アド…

初詣

神田明神へ行ってきました大吉でした今年はいいことあるといいなあ・・・。

基本の4アプリが揃いました

さきほど、ZincのWindows版の0.0.0(Komagawa #5)をリリースしました。github.comこれで、再学習目的の基本的なアプリのリリースが揃いました・・・。 ここからちょこちょこ更新していって、ObjeqtNoteやVizCommandなどの独自アプリに繋げていこうと思ってま…

2018年

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。しばらく、ブログを放置してたり、アドベントカレンダーも放置してたりしましたが、 新年から、またブログを再開しようとおもいます。2018年は、いろいろ起きそうだし、いろいろやってい…

まずB.G-STATIONとは何ぞや

B.G-STATION Advent Calendar 2017 1日目です。 adventar.org まずは何ぞやって話です まあ、B.G-STATIONは、僕が以前から運営していたというか運営しているサイトであり、同人個人サークル名でもあります。 B.G-STATION 車輪のx発明 ~B.G's Blog~代表は僕で…

Environment.getExternalStoragePublicDirectory

Environment.getExternalStoragePublicDirectoryで、外部ストレージのパブリックなディレクトリのトップパスを取得できる。Environment | Android Developers引数にディレクトリの種類を指定する。MainActivity.javaで、Environment.DIRECTORY_DOWNLOADSと指…

Environment.getExternalStorageDirectory

Environment.getExternalStorageDirectoryで外部ストレージのトップパスを取得できる。Environment | Android DevelopersMainActivity.javaで、ext_storage_dirの下に、ファイルfilenameを作成し、filecontentを書き込む。外部ストレージの下にtest.txtが作…

Context.getExternalFilesDir

Context.getExternalFilesDirで外部ストレージのfilesパスを取得できる。Context | Android Developersnullを指定すると、内部ストレージのfilesパスを取得できる。MainActivity.javaで、内部ストレージのfilesパスを取得し、そこに入力したファイル名と内容…

Environment.getExternalStorageState

Environment.getExternalStorageStateで、外部ストレージの状態を取得できる。Environment | Android Developers状態は文字列で返ってくるので取得してみる。MainActivity.javaで、起動時に、戻り値をToastで表示。mountedされているらしい。Sample/android/…

Context.getCacheDir

Context.getCacheDirは、アプリケーションフォルダ内のcacheフォルダのパスを取得するときに使う。Context | Android Developers今度はcacheフォルダのパスを表示する。MainActivity.javaで、Getボタンを押すと、とcacheのパスが出る。Sample/android/Contex…

Context.getFilesDir

Context.getFilesDirは、アプリケーションフォルダ内のfilesフォルダのパスを取得するときに使う。Context | Android Developersボタンを押したら、filesフォルダのパスを表示するようにしてみる。MainActivity.javaで、getFilesDirだとFileオブジェクトを取…

DownloadManager.Request

DCIMフォルダの下に保存していたのをDownloadフォルダの下に変更する。DownloadManager.Requestの保存先情報を変更する。DownloadManager.Request | Android DevelopersMainActivityで、request.setDestinationInExternalFilesDirでEnvironment.DIRECTORY_DO…

DownloadManager.Query

長押しした画像をダウンロードする。DownloadManager.Queryでダウンロードキューからステータスを基にダウンロードしたファイル情報を絞り込む。DownloadManager.Query | Android DevelopersMainActivityで、IMAGE_TYPEならダウンロード。query.setFilterByS…

WebView.HitTestResult

画像であっても、imgのsrcがファイルとは限らない。 hr.getExtraでURLが取れるので確認してみる。WebView.HitTestResult | Android DevelopersMainActivityで、hr.getExtraで取得したURLをToast表示する。タイプはIMAGE_TYPE。jpgファイルのURLがsrcに指定さ…

WebView.getHitTestResult

WebView.getHitTestResultを使うことによって、WebViewでクリック(タッチ)またはロングクリック(長押し)されたオブジェクトが何なのかを識別できる。WebView | Android DevelopersMainActivityのonCreateで、implementsにOnLongClickListenerを追加。 webVie…

View.OnLongClickListener

長押しを検知するにはView.OnLongClickListenerを使う。View.OnLongClickListener | Android DevelopersMainActivity.javaに、button1.setOnClickListenerでView.OnClickListenerのインスタンスを渡す。 Toastで"Clicked!"と表示。 次に、button1.setOnLongC…

WebHistoryItem

WebHistoryItemにもいろいろ機能はある。WebHistoryItem | Android Developers前回はURLだったが、今回はタイトルも取得する。hi.getTitleでタイトルを取得してToast表示。タイトルもこの通り。Sample/android/WebHistoryItem/WebHistoryItem/src/WebHistory…

WebBackForwardList

WebBackForwardList自体にもいろいろ機能はある。WebBackForwardList | Android Developers実は、前回のスクリーンショットでは、ToastでロードしたURLを表示していたが、実際に動かしていたSampleソースは今回のもの。onPageFinishedのurlではなく、bfList.…

WebView.copyBackForwardList

WebView.copyBackForwardListで、WebViewが生成されてから、ロードしたURLの一覧(BackForwardList)を取得できる。 (これは通算の履歴ではなく、これまでロードしたURLがスタック上に積み重なっていく。そのため、戻る度に、戻る前のURLは一覧から消える。(正…

statuses/update

statuses/updateで、ツイートを投稿する。POST statuses/update — Twitter Developers Twitter REST APIの使い方credentials.hで、API_KEY、API_SECRET、ACCESS_TOKEN、ACCESS_TOEKN_SECRET、を指定。main.cppで、投稿する文字列を入力。署名キーの作成から…

oauth/access_token

oauth/access_tokenでアクセストークンを取得する。POST oauth/access_token — Twitter Developers Twitter REST APIの使い方credentials.hは、main.cppは、oauth_token、oauth_token_secret、oauth_verifier、を入力して、署名キー作成から、レスポンス読み…

oauth/request_token

oauth/request_tokenでリクエストトークンを取得する。POST oauth/request_token — Twitter Developers https://syncer.jp/Web/API/Twitter/REST_API/#section-2-4credentials.hに、API_KEY、API_SECRET、CALLBACK_URLを指定。main.cppに、署名キーの作成か…

statuses/user_timeline

statuses/user_timelineでユーザタイムラインを取得する。GET statuses/user_timeline — Twitter Developers Twitter REST APIの使い方credentials.hで、ベアラートークンを指定。main.cppで、GETリクエストの作成から、レスポンスの読み込みまで。Sample/tw…

oauth2/token

oauth2/tokenでベアラートークンを取得する。POST oauth2/token — Twitter Developers Twitter REST APIの使い方VisualStudioでOpenSSLをリンクに追加したら、credentials.hに、APIキーとAPIシークレットを指定。main.cppで、クレデンシャル作成から、レスポ…

HMAC

HMACを使って、HMAC-SHA1を計算する。/docs/man1.0.2/crypto/hmac.htmlHMAC.cで、keyは"ABC&XYZ" dataは"ABCDE" として、それぞれの文字列と長さをHMACに渡す。hmac_sha1を出力した後、Base64に変換して使うことが多いため、Base64変換した文字列も出力して…

BIO_s_mem

ファイルに文字列を書き込む場合は、BIO_new_file()でファイル用データシンクBIOを作成した。 メモリに文字列を書き込んでいく場合は、BIO_new()にBIO_s_mem()を渡すことで、メモリ用データシンクBIOを作成する。/docs/man1.0.2/crypto/BIO_s_mem.htmlBIO_s_…

BIO_f_base64

BIO_f_base64はBase64フィルタで、これを使うことでBase64に変換できる。/docs/man1.0.2/crypto/BIO_f_base64.htmlBIO_f_base64.cで、bufferとbase64、base64とfile、という形で連結。 $ vi test.txt $ gcc -o BIO_f_base64 BIO_f_base64.c -lcrypto $ ./BIO…